田園都市線 たまプラーザ あざみ野 プロテスタント キリスト教会「たまプラーザキリスト教会」

ようこそ教会へ

たまプラーザキリスト教会について

たまプラーザキリスト教会はJECA(日本福音キリスト教会連合)に属す るプロテスタントの教会です。1970年に美しが丘に産声を上げ、その時 はプレハブだった会堂も、その2年後にはたまプラーザ駅前のアパートの一 室に移り、そして1984年からは現在の三階建ての会堂で礼拝を行うよう になりました。

教会に訪れる人々が皆さん、「暖かい教会ですね」と言って下さる、家庭的 な雰囲気の教会です。2階が会堂となっていますが、ご高齢の方や体の不自由な方も自由に出入りできるように、最近外付けでエレベーターを設置しました。

私たちは毎週日曜日の10時30分から礼拝を行なっていますが、その他にも様々な集会が行なわれています。子どもたちのためには、幼児と小学生のための教会学校や、中学生から大学生のためのクラス(ジョイフルクラス)もあり、聖書を学びつつ明るく楽しい時間を過ごしています。また、お母さんと幼児(未就園児) のための会(ハレルヤ親子の会)が地域の方々に大変喜ばれています。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」
(聖書・イザヤ書43章4節)


これは神様から私たち人間に語られた言葉です。
すべての人が神様に愛されている価値ある存在です。ともにこの神の愛を体験いたしましょう。たまプラーザキリスト教会はあなたを歓迎いたします。

プロテスタント教会のグループである
日本福音キリスト教会連合(JECA)に属しています。

たまプラーザキリスト教会は1970年にアメリカのセンド国際宣教団の宣教師によって産声を上げました。そしてプレハブの会堂からたまプラーザ駅前のマンションの一室、そして現在の3階建ての会堂へと成長してきました。
これからますます、地域の人々のお役に立つことのできる教会を目指して歩んでいきたいと願っています。

教会外観
教会内風景
教会風景

牧師より

一般書店で売っていたキリストの伝記を読んだことが、私とキリストとの出会いです。それは小学4年生の時でした。キリストは“救い主”と言われていますが、人々を何から救ったのか、その時にはこの事が疑問として残りました。その後、私は小学5年生の時に級友(牧師の息子)に誘われて教会学校に通うようになりました。教会には「私は救われました」という人たちが大ぜい教会にいることに驚きました。それから数年後には私自身も「私は救われました」と言うようになっていたのです。

このように私は救われることの素晴らしさを体験しましたが、人々にもこの素晴らしさを知って欲しいと思い、それで牧師となりました。

神はあなたにも
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」
(聖書・イザヤ書43:4)
と語りかけてくださっています。

自分がどんなに価値ある存在か、あなたにも知っていただきたいのです。

礼拝風景

教会風景

佐久間牧師夫妻

牧師 佐久間章 プロフィール

1957年、横浜に生まれる。
小学校1年より茨城県水海道市(現在の常総市)に移りそこで育つ。
大学卒業後は茨城県内の地銀に就職し9年間勤める。
その後に神学校で学び、1993年よりたまプラーザキリスト教会の牧師となり現在に至る。

趣味は数年前からギターにチャレンジしています。
妻と2人の子供の4人家族。

ページトップへ戻る